スキンケアを受けている女性

レーザーで治す時代

手術の様子

目の下にできたクマはレーザー治療で治すことができます

一昔前まで、美容外科クリニックで行われる目の下のクマ治療は、切除手術が中心になっていました。具体的に言うと、目の下に黒い影を作っている皮膚のたるみを取り除いたり、色素沈着を起こしている皮膚を切除したりする治療が主流となっていたのですが、顔に傷跡が残ってしまうという問題がありました。もちろん、なるべく傷跡が目立たないように、下まぶたのまつ毛の生え際に沿ってメスを入れられるのが普通です。なので、あまり神経質になる必要はないのですが、たとえ傷跡が目立たなかったとしても、ダウンタイムが長くかかります。そのため、目の下にできたクマを何とかしたいという希望を持っていても、実際に治療を受けることはためらってしまう人が大半でした。しかし、現在ではレーザーでクマを治す方法が開発されていますので、気軽に治療を受けられるようになっています。

様々な治療法があります

目の下に茶色いクマができてしまうことがあります。茶グマは、メラニン色素が沈着して皮膚が着色されることによって発生すると言われています。したがって、この症状を改善するためには、既に沈着している色素をなくすと同時に、メラニンの過剰な生成を抑制する治療を施す必要があります。そのために最も有効だとされているのが、レーザー治療です。よく脱毛治療でレーザーが使用されていますので、毛母細胞を破壊するほどの強力なパワーを持つレーザーを顔に照射して大丈夫なのだろうかと心配する人がいますが、脱毛に使用されるレーザーとは別の種類のものが用いられますので、何も心配する必要はありません。また、レーザー治療の他に、光治療や外用薬を用いた治療方法なども有効です。

このエントリーをはてなブックマークに追加