スキンケアを受けている女性

バストのコンプレックス

笑顔の医師たち

本物の脂肪が詰まったバストに

豊胸手術を行えば、それにより小さなバストや垂れたバストに関するコンプレックスはなくなり、女性的な魅力が高まって自信が芽生えるようになるのです。そのため、多くの女性が手術を受けに美容整形外科に足を運んでいます。従来は豊胸手術は、シリコンジェルや生理食塩水を入れたバッグを、バストに挿入するという方法でおこなわれていました。しかし現在は、お腹やお尻などから採取した脂肪をバストに注入するという豊胸手術も、さかんにおこなわれるようになっています。異物を挿入する豊胸手術と異なり、本物の脂肪が詰まったバストにすることができるため、注目されています。

不純物や成長因子における取り組み

脂肪を採取すれば、当然ですがその部分は脂肪が減ることでスリムになります。つまり脂肪注入による豊胸手術を受ければ、必然的に脂肪吸引による痩身効果も得ることができるわけです。さらに最近では、採取した脂肪から不純物をできるだけ除去し、成長因子を加えた上で注入するという方法もおこなわれています。不純物を除去すれば、それだけバストへの定着率が高くなりますし、成長因子があれば、さらなるバストアップが期待できるようになるのです。このように豊胸手術は、より高度な方法でおこなわれるようになり、その分高い効果が出るようになっているのです。そのため、もともと人気の高い整形手術ですが、今後さらにその人気が高まっていくことが予想されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加